希彩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のコメントより

<<   作成日時 : 2010/01/08 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、当ブログにコメントをいただきました。
そして、お返事を書かせていただきました。

コメント>僕は相変わらずロキソニン多用して風邪を乗り切っています。僕は休めない仕事なので仕方ないと思いますが、最近長女が生まれて気管支が弱くいつも医者にかかっているのをみると、クスリに頼りたくないなぁとしみじみ思います。1歳になったばかりですが既に2回入院しました。今度先生に免疫力アップ針をやってもらいたいです。

返事>お嬢さん、既に2度の入院だなんて心配です。診てみないと状態がわかりませんが、総論として特に子供さんの場合、生き抜く力、自己治癒力を信じ、引き出してあげることが大切だと思います。小児はりでは症状の改善と同時に、それを引き出すサポートが出来ると思います。
命に関わる場合など多くの場面で、現代医学の担う役割はとても重要だと思います。医者にかかれば薬を使うことが多いでしょうから、それが必要な時かどうかを是非、判断してあげてくださいね。自分の子供だと、冷静な判断というのを、しにくいかもしれませんが、身体を張って全責任を負うということです。
今度、お伺いした時には是非、診せてくださいね。

さて、現代医学が発展し、これだけ社会に溶け込んだ現在、上で申し上げたこと、裏には東洋医学の概念があるのですが、なかなか受け入れにくいことだと思います。
こんな私も、今でこそ信念を持って言っていますが、経絡治療を始めるまでは身体に起こる全てのことを現代医学的にしか考えず、そして自らもたくさんの薬を飲んでいました。それが、東洋医学を学び、現在の治療に携わるうちに自分の考えともなったのです。
決して、薬を一切使わず、もがき苦しんだ方がいいと言っているのではありません。また、それを放置するという意味でもありません。それぞれの長所を知り、うまく使い分けていただきたいと思っています。


板橋区・練馬区・和光市・成増のほか、東武東上線・有楽町線・副都心線・西武池袋線沿線の広い地域よりお越し頂いております。
自律神経失調症や逆子のお灸、小児鍼(小児はり)など、お気軽にご相談下さい。

鍼灸専門 脉診流はり灸・小児はり 希彩はり灸院


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近のコメントより 希彩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる